【リモート】その場に居ないことでいろんなことが見えてきた

新型コロナウイルスの影響による休業要請も一部の都道府県の飲食店等ではすでに解除され、普段通りの生活とは行かないもののいくらか元の生活に戻りそうな気配すら感じています。ここ一、二か月ほどは本当に生きるために必要な外出しかしていないのですが特に体調を壊すこともなく過ごすことが出来ています。

少し前までは一部の人たちの間でしか使われなかったような通話アプリ。Zoomを使っての飲み会やタレントが自宅からSkypeでテレビ出演をこなしている様子もだいぶ見慣れてきました。こうして世の中の流れを見ていると現地に行かなくてもできる事ってたくさんあるのだなぁと変に感心してしまいます。同時にその場にいる必要性のない仕事や約束事も結構見えてきた気がします。


そうなると議員さんなんかは無理に集まったりせずリモートで事足りる議会もさすがに全てとは思いませんがあるような気がするのですが、上のリンク先上のリンク先のように小さな部屋で長時間議論されるのは熱心なことなのだがこれほど『密』な空間で仕事に励むというはできれば避けた方がいいように思います。

きっと今後いつになるかは全く見当もつかないが新型コロナウイルスが収束したとしてもそれ以前のような生活に戻るわけではないのは間違いないと思うのです。それは変に悲観的な意味ではなく、リモートが世に広まったことで慣習によって続けられてきた無駄なことはある程度淘汰されてしかるべきではと感じたからです。もちろんリモートで完結できない仕事もたくさんあるのでそれは当然形を残すと思うのですが、「今までなんとなくやってた」仕事がそっくりそのまま続いていくということはないと思います。

そうなることで対面でないとできないことの重要性がどんどんましていくのではないか。実際に会うこと、現地に出向くことその価値が自然と高くなると思います。まだまだ気をつけなければならない事態ではあるけれど予防に努めて日々過ごしていきたいと再び気を引き締めています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ




ラブライブ!コラボキャンペーン

ファンブログ