きっとインターネットではもう知りたいことが手に入らなくなるのだと思う

先日Twitterでこんな投稿を目にしました。

最近のネット検索、欲しい情報手に入らない説を提唱したい。

まったくその通りだと思います。一昔前、SNSやブログサービスが普及する前に限って言えばインターネットに何かしらの情報を書き込めるのは自分で積極的にスキルを身に着けた一部の人だけでした。つまり、かなりの手間と労力を注ぎ込んででも誰かに自分の知識を広めたいという強い熱意を持っている人ができたことでした。もう少し具体的にいえばHTMLを勉強したり、有料でサーバー契約、アップロードの作業まで自分の手でやっていた人たちです。今と違って日常の写真や文章をタダでポンポン投稿できる時代ではありませんでした。

別に私はそんな昔の一部の人にしか発信が許されるような時代に戻ってほしいとは思っていません。現在のように無料でいろんな人がものを書き込める時代を否定する意味なんてないと思いますし。しかしながらインターネットで検索したところで欲しい情報が手に入らないんだよねという意見が注目されるのは当然だとも思います。理由を私なりに考えて挙げてみます。

【推測①】SEOで上位に来られる情報かどうか

インターネット上でなんらかの収益を上げている人は誰しもが勉強して取り入れているのがSEO(検索エンジン最適化)というものです。グーグルなどの検索エンジンで上位に自分のサイトの情報が表示されればそれだけたくさんの人に見てもらえる可能性が上がるので、このSEOを少しでも良くするためWebサイトやブログは工夫をこらします。しかしながらこのSEOというものをやりすぎると単に『売れる商品だけを置いた小売店』みたいな状態になって、どこのサイトを訪問しても同じような情報しか得られなかったり、読み進めたらただの商品紹介だったというオチが多いように思います。

【推測②】SNSの『数字』が圧倒的

第二に考えてみたのはSNSの投稿数が圧倒的なのだと思います。検索エンジンでもTwitterの投稿やまとめサイトがやたら検索エンジンにおいても強いのはあまりにも現代においてSNS自体がツールとして強くなったことが一因ではと考えています。残念ながら、その道の専門家が一生懸命書いた長い文章よりも、インフルエンサーが写真とともに「これおいしい!」と一言書いたSNSのほうがたくさんの人が見ると思います。なにより投稿そのものが本当に簡単になったので、何万件、何十万件と投稿が寄せられるのも影響していると思います。Twitterでトレンドというものを覗いてみると10万件、20万件とワードが飛び交っていることも珍しくありません。シンプルに数があまりにも多いので特に内容のない投稿が上位表示されるのではないかと思います。

たぶんインターネットは『手段』として留まる

インターネット上で知りたいことを知ること自体は私は既に限界が来てしまったのだなと感じるようになりました。そうなると何かを知りたいときにぼんやりと検索をしても徒労に終わるということがきっとこれからもっと多くなるでしょう。私個人としてはインターネットは徐々に知識や情報を得るツールではなくなり単純に娯楽や通信の手段として活躍するのでは思います。

例えば、
インターネットで検索→欲しい情報が手に入る
から
インターネットで検索→欲しい情報は見つからないがその分野に関する書籍を見つける→通販サイトから購入する
インターネットで検索→欲しい情報は見つからないがその分野に詳しいYoutuberを見つける→動画を視聴して情報を手に入れる

なんて状態に移っていると思います。例として書いてみましたが、いちいちこんな感じだとちょっと面倒くさいかもしれませんね。もちろん本やYoutubeに限りませんが、検索すれば無料で即座に手に入る情報なんて世界中でとっくに飽和しきってしまったのかもと私は感じています。

オフラインで知る手段を用意しておきたい

そうなると知りたいことを知るパターンって原点に返るのでは思います。本で調べるかその分野に詳しい人を検索で探し当てる。この2つに大別されると思います。よく考えたら本で調べ物をするなんてインターネットで検索が普及する前は言うまでもなく当然のことでしたが、情報が飽和しきったとすれば自然とそうなるものかもしれません。なぜなら本はインターネットよりも世の中に出すまでのコストが比べ物にならないほどかかるので適当な情報をおいそれと書くことはできないのです。本には抵抗がある…という人でも必要に迫られてこのようにオフラインで情報収集せざるを得ないと思います。

『ほんとうに知っていないと淘汰される』と思って生きて行かないといけない

きっとこれから中身のない商品紹介や投稿に触れる機会はもっと多くなります。おそらくそのようなサイトへの評価は厳しくなっていきます。そうなると内容のないWebサイトはどんどん淘汰されると思います。また自分の意志で本当になにか知ろうとしていないスタンスの人間も同じように淘汰されるかもしれませんし、本来はそうでないといけないでしょうとも思います。いま私が書いていることも内容がないと淘汰されるかのしれません。そうならないようもっと実りのあることを書き続けなかれば…と気を引き締めています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



FAN BLOG

ラブライブ!コラボキャンペーン