どうして買い占めるのを止めないんだろうか

昨夜、東京都では週末の不要不急の外出の自粛を要請とのニュースがありました。

都が1日に発表する感染者の数としては最も多く、小池知事は午後8時から記者会見を開き、今週末は不要不急の外出を自粛するよう要請することにしています。

大方の予想こそついてはいたのですが、昨夜の時点で都内のスーパーでは日用品の買い占めが起こったそうです。さすがにこれにはあきれています。何か起きる度にこのような事態…不要不急の買い占めも控えてくださいと言っておかなければだめだったのだろうか…ととてもモヤモヤしています。



どうにもメディアは人の不安を過剰に煽るきらいがあるので心配なのですが、いい加減買い占めをするたちには「不安で買い占める人たちのせいでモノがなくなる」という感覚は身につかないのでしょうか…。どうやらカップ麺などの食料品をメルカリで高額転売しているケースもすでにあるようなので、なんというか不安で買い占めする人とその不安に乗じて一儲けしたい人ばかりがいたちごっこをしているようにしか見えず新型コロナウイルスへの警戒をするはずなのに対策への大きなズレを感じます。

第一次産業や流通に携わっている人たちからすれば買い占めが起きたところで在庫がいくらあるので必要な物資がなくなるなんてことはないそうです。むしろ余計な仕事が増えるので勘弁してほしいとのこと。たしかにそれはそうですよね。いくら日本が食料自給率の低い国とはいえ何日か先の食料品さえ困るなんてことはあり得ません。


※ちなみにこちら秋田県のご当地ヒーローだそうです。秋田県の名産の情報もたくさん発信しているようです。


新米農家さんのツイートです(ゲーム用のアカウントみたいですがどうやらバズってかなり困惑されていました。しかし頼もしい限りです。)

とこんな感じでSNSだけ見ても買い占めたところで供給側が迷惑を被るだけで大した意味がないのですよね。不安になるととりあえず買えるだけ買い込んでおこうという気持ちそのものは分からなくはないのですが、戦時中でもないので食べるものも満足に供給できないなんてことは数日のスパンで考えたらあり得ないことにすぐに気づくべきだと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

メンタルヘルスランキング