マスクを探し求めるくらいなら夜ぐっすり眠った方がいい

政府からマスクの転売やオークションサイトでの出品が禁止との発表がされてからもどこに行ってもマスクの品薄状態は続いているようです。困ったことにマスクを販売する薬局などに怒鳴り散らしたり、謝罪をしつこく求めてくる客(さすがにそんなに無礼な人は客とは思わないが)まで現れているのをよく見るので人柄というか人間性の良くない所が露呈しているところを日々見せつけられるのであまり気分のいいものではありません。


とあるドラッグストアで店長をされているという方のツイートです。このツイート以前にもドラッグストアに勤める方がマスクに関して悲痛な叫びをあげている投稿を多く目にしました。はっきり言ってないものはない。わざわざ店員さんたちは嘘は言わないし、怒鳴られても脅されても在庫のないマスクが湧いて出てくることも決してないのだが、何かしらの力を行使すればマスクが手に入ると思っている人は一定数存在している。

医療や保育、介護などそれこそ衛生が保たれないと命に係わるならその現場が最優先だと思うので、その分野に当てはまらない一般人はある程度諦めないとならない部分はあると思います。医師が「マスクがなくなれば手術ができない」と焦りを募らせている報道も見たので本当にその分野の方にとっては死活問題なのでしょう。

情報収集に努めすぎて病み始めるひとたち

最近だと、テレビの報道、ウェブ検索、SNSでの検索とにかく、事実とわかっていることだけでも人がまったく処理しきれないほどたくさんの情報が出回っています。〇〇県で初の感染者だとかマスクやトイレットペーパーの高額転売に関すること連日耳に入ってきます。そんなこと不安が高まるような状態が続いていると新型コロナウイルス以前に不安を煽る情報で精神的に参ってしまう人を見かけるようになりました。もちろん不安を感じること自体はとても大事なことなのですが、これは情報を出すだけ出して『病んでくれ』と言わんばかりのレベルだと思います。

ただ生活するにあたって不安な情報が一切入らないようにスマホやテレビの電源を常に切っておくというのはさすがに不可能なので、ある程度情報が勝手に入ってこないように設定なりしていないと参ってしまうようなと思います。これは一例ですが自制心でSNSを見るのを辞めるのは至難の業なのでスマホの制限機能を使うといいと思います。単純にスマートフォンの依存傾向がある人におすすめです。(iPhoneのスクリーンタイム、Androidのデジタル・ウェルビーイングなど使用時間でアプリの制限がされる標準機能です。)

本当にろくに寝てない人が多いこと

これは個人的な体感も含めて話をするのですが、マスクを必死になって買い求めるより手洗いうがいの徹底や栄養と睡眠をたっぷりとるほうが誰にでもできるし何より大事なことだと思うのですが、随分ないがしろにされているという気がしてなりません。私は「マスクなんて不要」だと言いたいわけではありませんが、あえて優先順位を決めるとするなら睡眠の方が優先順位として上になると思うのですが、あまり「しっかり寝てください」というメッセージは人々には浸透していないのかなという印象です。

もし病気でなかなか眠れない・寝つけない、忙しくて寝る時間が十分にないというならそちらを改善した方がいいと思います。(具体的には受診して医師に相談であったり、現在の仕事等のスケジュールを見直すこと)ただ単にSNSや動画サイトの視聴で夜更かししているというならさすがに論外ですが、とにかくスマホはオフにして寝てほしいです。


こちらのドクターズコラムによると

「睡眠不足が続くと、風邪をひきやすくなる」という話を知っていますか? アメリカで行われた研究では、「睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上眠る人に比べて3倍以上も風邪をひきやすい」ことがわかりました。また、寝つきが悪いとか夜中に目が覚めるなどで、睡眠時間全体の2〜8%が眠れなかっただけで、ぐっすり眠れた人に比べて約5倍も風邪をひきやすいというデータもあります。
細菌やウィルスに対する抵抗力(免疫力)は、睡眠中に維持・強化されています。そのため、睡眠時間が減ったり、細切れにしか眠れなかったりする状態が続くと、身体の抵抗力(免疫力)が落ちて、風邪やインフルエンザにかかりやすく、かつ治りにくくなってしまうのです。

という冒頭からの睡眠の大切さが書かれています。睡眠がいいことなんてわかっていると言われそうですが、いま新型コロナウイルスに関して我を失っている人も多いですし、情報のあまりの多さに当たり前のことも見えていない状態だと思います。寝てなきゃ心身はどっちみち参る。断言していいです。


そのとおりだと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

メンタルヘルスランキング