ネットに撒いた愚痴は基本的に何も生まないから。

愚痴、書いてますか?

あなたには愚痴をSNSや掲示板に書き込む習慣はあるだろうか? 人間は感情を共有すると人間性が深く知れたり、距離が縮まったりと、とにかく人間関係においてなにかしらのいいことがあるということはなんとなくでも誰もが体感してきたことである。しかし、『愚痴』という物に関しては要注意である。その人の奥底にある攻撃的もしくは陰湿な部分が簡単に露呈するのである。逆をいえば近づいてはいけない人も簡単にわかるようになるので少し経験を踏まえて書いていきたいと思う。

単純に愚痴が多いとどうなるか

これはそのままですが、単純にやたらと愚痴の多い人は用心。残念ながらリアルの本人がどれだけ慈愛に満ちたすぐれた人であってもこの時点であっさり敬遠されてしまう。いまSNSのアカウントを一人で複数持っていることは珍しいことではないので日常生活、仕事や趣味のジャンルに合わせて使い分ける人も多いし、なかには特定の友人だけが見られる鍵垢や裏垢などネット上とはいえ個人の発信にはもう留まるところがなくなった。

そしてどのジャンルであっても愚痴を書くだけのために存在しているかのようなユーザーが一定数必ずいる。申し訳ないがどうしてもそれほど大量の愚痴を書き込みたいのなら非公開設定にして書いてほしいと思うのだがそんなことを指摘できるはずもないのが正直なところである。見る側からすれば極力近づかないに越したことはない。

愚痴を書きこむ方は当然日々の有り余るストレスをぶちまけているわけなので急にストレスの込められた投稿を見せられるフォロワーの気持ちは全く考えていない。愚痴を吐き出すだけならおおいに結構だが誰か見ている以上みだりにナイフを振り回していないか考えてみてほしい。

考えてもみてほしい。いつも不機嫌な人を慕えるかどうかを。

あなたの周りにも虫の居所が悪いのかいつも不機嫌な人の心当たりがおそらく一人や二人はいるだろう。さて、あなたはその不機嫌な人のことを好きだろうか? たぶん嫌いまで行かなくても決して好きではないだろう

しかし、不機嫌な側からすれば『自分はこんなに嫌な思いを抱えて生きているのだから優しくしてくれたっていいじゃないか』と感じているパターンも多くお互いにちぐはぐなことになっている。少なくとも愚痴を吐く側は表には出さなくとも心のどこかで「大変だったね」などとねぎらいの言葉が欲しいのだが、誰にもそんな言葉は貰えないのでそちらの不満も募っている。「これほど困っているのだら誰か気遣いのひとつも言ってくれてもいいじゃないか」とますます愚痴が芋づる式に増えていくことにもなりかねない。愚痴を並べる側には他人がどんな空気を感じているなんてことは決してわからないのだ。

愚痴ばかりで敬遠されないようにするために

さてここまで愚痴を並べる人への否定的な見解を主立って書いてきた生きていれば当然愚痴の一つも吐きたくなるのが人間だと思う。どうしても愚痴を出さなければやってられないときの対処を挙げておこうと思う。やみくもに攻撃的な愚痴を外に晒さないための技術である。

面白おかしく愚痴をする

これ芸人さんなんか披露しているいわゆる話芸に通ずるところ。愚痴といえどネタとして周りの人に面白おかしく提供するので不機嫌な人だと敬遠されることはあまりない。とはいえ辛いことを無理やり面白く話をすることへのハードルは高いし、行き過ぎた自虐にもなりかねないので誰にでも手軽にできそうなことではないと思うので少し難易度が高い。

紙に書くなどネット以外の媒体に書く

インターネットが普及するずっと前からある比較的オーソドックスな方法だがかなりおすすめ。ひたすら手を動かしていると改善方法も浮かんできたりするので下手にSNSに書き込んでムシャクシャしているよりかはずっと生産性が高い。書くだけ書いてそれからはゴミ箱に捨ててしまっても構わない。ちなみに紙だけに限らなくてもスマホやPCのメモ機能で代用すればいいが、その場合はオフラインで完結させることが前提

完全非公開の鍵アカウントに投稿

これはちょっと諸刃の剣的な方法だと思う。ストレスが溜まっている状態でインターネットに触れるとかえってストレスが増すのでオンライン状態にすること自体が良くないので、愚痴のためのアカウントを作るのを私自身は推奨はしないけれど見ている人を無闇に不安に陥れるくらいだったらそのための場所はあってもいい。ただし、フォロー0フォロワー0の状態で鍵をかけて完全に非公開にすること。好きなアーティストや自分の友達であってもできれば投稿なんかは見ないしフォローもしない。もし検索なんかしようものならそれはそれでまたストレスに苛まれるのは目に見えているので、再度言うけれど私自身はこの方法はおすすめはしない。

愚痴とそれなりに付き合える人になろう

人間なので生きていれば楽しくないことも毎日のようにたくさん対面するので、イライラして悲しくて怒りに震えてどうしようもないことが当然あると思う。一世を風靡した「ありのままの姿見せるのよ」という歌のフレーズはあるのだが、もし社会に出ている人間が自分の感情にありのまますぎてどこでもストレスや愚痴をぶちまけるようになってしまえばおしまいだと思うし、それは顔を突き合わせていないインターネット上でも変わらないことだと思う。(ちなみにネット投稿の匿名性は日々なくなってきているので投稿内容や拡散によっては名誉棄損など法的措置もきちんとされるので注意。)

私は愚痴そのものを排除しようとこんなことを書いているわけでは決してなく、愚痴と上手く距離を保って生活してほしいと思っている。なにかで悩んでいる人が愚痴を吐き出すことに頭がいっぱいになって嫌な人だと避けられてほしくないからだ。何事も距離感が大事なのでいまどんなことで頭がいっぱいになっているのかSNSに書き込みたくなるたびに一旦落ち着いて考えてみるといい。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


FAN BLOG

ラブライブ!コラボキャンペーン