きみは一人でも生きていける

「人は一人では生きていけない」は真実ではなくなった

ドラマなどで「人は一人では生きていけない」というようなセリフ、昔はよく耳にしていたような気がします。確かに助け合いや友情、家族愛が自分にとって誠実で有意義であるなら一人と言わず家族や恋人、友人と楽しく過ごしてしかるべきだと思います。しかしながら人付き合いが必ずしも自分にとって良いことをもたらすとは限りません。むしろ、メンタルヘルスに困難を抱えた人たちにとっては人間関係においては基本的に苦しいことばかりを経験してきた人が多いことかと思います。

ここで本題に入ります。先に言ってしまえばインターネットが発達した現代社会なら人は一人でも意外なほどにしっかり生きていけます。だからこそ逆説的な話をするのですが、一人でもそこそこに生きていける力を付けなければ必要以上に苦しい思いをして生きていくことになると思います。メンタルヘルスに困難がある以上はいわゆる『毒親』の家庭が多く、幼少期から理不尽な扱いに晒されてきた人がとんでもなく多いです。大人になってからも友達や恋人、職場など人間関係でどうしようもなく苦しいことが続くし、誰かにメッセージでも送り続けない限り寂しくて心が押しつぶされる思いを毎日していると思います。

くり返しになるのですがここが主題なのできちんと言いますが『一人でも生きていける時代になったからこそ一人でもそこそこに生きていける力を付けないと必要以上に苦しい思いをします』

一人でいることがもの凄く軽視されている

これは日本特有の感覚のようですが一人でいることは過剰なまでに軽視されているみたいです。一人で映画を観に行く。一人で旅行をしている。一人でご飯を食べているなど、どういうわけか「友達がいないなんてかわいそう」「一人でどこが楽しいの?」という『一人=寂しい、かわいそうな人』として感じている人がよく見られます。正直言って、失礼としか思えないですし誰かと一緒にいることを肯定しすぎているのは危険だと思います。

 

積極的孤独(ソリテュード)とは

こちらDANROという一人時間を楽しむためのwebサイトより、『日本人は孤独を誤解している』というキャッチーなタイトルの記事です。孤独の持つ積極的な側面を研究している「ソリテュード研究家」の津田恵子さんのインタビュー記事です。以下は引用文抜粋です。

津田:少し、立ち止まって自分の心の声に耳を澄ますということだと思います。インスタ映えを気にする前に「心のインスタ映え」してますか、と。ひとりでご飯を食べて楽しかったなら、その気持ちを肌感覚で記憶してほしい。そうするうちに、「積極的孤独」のスイッチが入る感覚に気づく瞬間があるはずです。「積極的孤独」のスイッチは心の強い人だけではなく、誰もが持っている。日本には武道や茶道などの「道」や、仏教の「禅」の伝統もありますが、これらもまさに「積極的孤独」。日本人には孤独とうまくつきあってきた歴史があるのです。

英語では自ら選んだ一人の時間・積極的孤独をソリテュード(solitude)、社会から断絶された・消極的孤独をロンリネス(loneliness)と使い分けているそうです。「孤独を誤解している」という導入から積極的孤独への第一歩がやさしく書かれています。

無理にでも一人になれと言いたいわけではない

どうにもここまで記事を書き進めていると『友達や家族がいても無理にでも一人になるべきなのか』と考えてしまう人がいるかと思います。私の場合人を無理やり突き放してまで一人の時間を取れとまで言おうとは思っていません。あくまでも一人であっても誰かと一緒にいるときと同じように楽しめる心の強さみたいなものをもっていないとつらいと思うよ、という一つの考えを述べているだけにすぎません。

私は無理に友達付き合いをしなくなってからのほうが圧倒的に人間関係が良くなりました。物理的な距離感と心理的な距離感は近ければ近いほど良いというわけでは決してないのです。(むしろ近すぎて衝突の原因になることが問題だったりする。)

このブログではスマートフォンやSNSの依存についてよく取り上げているのですが寂しい気持ちを自分以外に埋めてもらわなければならない状態は永遠に誰かへの強い依存を繰り返すことに他ならないのです

 

きみは一人でも生きていける

最後にくり返しになりますが人は一人でもそれなりにきちんと生きていけます。いまはインターネットさえ使えればお店に行かなくても美味しい物が家に届きます。ゴミ屋敷にでもしないかぎり自分の部屋ひとつで快適に暮らせます。その程度?と思うかもしれませんがそれぐらい一人で生きることのハードルは低いのです。

もし人間関係ですこしでも振り返るきっかけがあれば一人になることの大切さを考えてみてください。一人でいるときの自分を今よりももっと大事にできるようになれば周りの人との関係性もだいぶにクリアに見えてくると思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

ラブライブ!コラボキャンペーン